in and outside of the house
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ボトルに中の幸せ | main |
年賀状の言葉
松飾りも取れて、それを御霊様に持って行って焚いて。街からも家の中からもお正月の香りが消えてゆく。パラパラと遅れてきていた年賀状ももう終わりかな。
毎年その年に来た年賀状をリボンで縛って箱の中にしまう。つぎに読むのは今年の暮。
今年も様々な新年のご挨拶をいただいた。facebookから、年賀状から。facebook
の挨拶は生き生きとダイレクトに今年の抱負を語りかけてくる、臨場感いっぱいのメッセージ。一方年賀状は心にとまる時間が長い。それぞれの賀状を手にしてしばらくの時間その人のことを思う。賀状は様々なことを私に語りかけてくる、気づかせてくれる。一行添えられた言葉からその人の優しさ、思いやりの深さを。生活の変化を。年月の流れ、私との距離を。数年間一度も会わずただ賀状だけの付き合いとなった友。賀状ごとに家族や孫が増えている知人。
それぞれの賀状はその人の今を生きていく姿、そして送り手と私との間に流れた時間、これから流れるであろう時を思い起こさせてくれる。
印刷のみの年賀状は得てして冷たいが、たった一行の言葉だけを送ってくる印象深い年賀状もある。言葉の持つ可能性、温かさ、広がりを感じさせ、言葉の持つ力を年の初めに考えさせてくれる年賀状だ。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yoshiko-koike.jugem.jp/trackback/12
TRACKBACK